Skip to content

FMCにおけるEOについて

この記事はSpeedcubing Advent Calender 2015の2日目の記事として書かせていただきました。
1日目の記事は早稲田大学キューブサークルWRCCさんの「FMCにおけるEO以外について」でした。

今回はFMCにおけるEO(Edge Orientation)について紹介します。
EOの説明は難しいのでこちらを参照ください。→EO – Edge Orientation
簡単にいうと、
・U,D,R,Lの動きのみで正位置に揃うエッジはEOが揃っている
・U,D,R,Lの他にF,Bの動きを使わないと正位置に揃わないエッジはEOが揃っていない
ということです。

FMCでは最終的にコーナーのみが崩れた形を目標としているため、EOが直るように揃えていくことが必要となります。
FMCの基本的な流れは、2×2×2→2×2×3→F2L-1→ラストnコーナー、です。EOを考慮する場合は、このステップの合間合間のどこか1回でEOを直す作業を行い、その後のステップをEOを崩さないように揃えていきます。

EOを早めに揃えるメリットとしては、EOを直すとコーナーエッジペアが出来やすくなるケースが多い、というものがあります。
例を見てみましょう。
スクランブル:
解法:L’ F’ R2 L B’ U L’ B’ R2 D’ F L’ R’ B L R D2 B2 L2 U2
premoves F’ D U2
223: F2
F2L-1: R D R D2 R
EO: B’ D2 B
LL: D2 R D2 R’ D2 R D2 R’ D2
この例では、F2L-1後に3手でEOを揃えることでその後のペアを作りやすくし、LLskipを引いています。

・EOファースト
EOを解法の最初で揃えることをEOファーストと呼びます。
EOが4手以内で揃うとき、またはブロックビルディングがうまくいかないときには、EOファーストを試してみると良いでしょう。
ただし、EOファーストに固執してはいけません。
EOファーストは、繋がるときはめちゃくちゃ繋がりますが、その後が全く繋がらない場合も多いです。
経験則としては、EO後2×2×2が4手以内でできる、もしくは2×2×2後にペアが出来やすくなっているときのみEOファーストを使うのが良いでしょう。

・2×2×2時、または2×2×3時のEO
ブロックが出来てくるとその分制約が大きくなり、EOを直すには多くの手数が必要になってきます。そのため2×2×2以降にEOを直すのは、基本的に4手以内でEOが直るときに限ると決めた方がいいと思います。EOはあくまで1つの指標であるため、それだけにこだわるのはやめましょう。

・EOが直った2×2×2状態からの繋げ方
今、EOが直りかつ2×2×2状態であるとします。
例えばDLBコーナーの周りに2×2×2を作り、F面を基準としたUDRL系のEOを直したとします。このとき、その後の2×2×1ブロックをどこに作るかでその後の繋がりが変わってきます。
1. DLFコーナーの周りに2×2×1を作った場合
この場合、残りのエッジはRU回転のみで揃えることが出来るため、一番良いケースです。
2. DRBコーナーの周りに2×2×1を作った場合
この場合、残りのエッジはRULとF2で揃えることが出来ます。少々難しいですがペアは作りやすいでしょう。
3. UBLコーナーの周りに2×2×1を作った場合
この場合、残りのエッジが揃えにくい場所にあることが多く、ペアが作れても活かしにくいです。このパターンはやめた方が良いでしょう。
要約すると、2×2×1ブロックは3番の形にはするな、できれば1番の形にするように、といったところです。

いかがでしょうか。
EOを考えることはFMC中級者から上級者への一歩になると考えています。
みなさんもぜひFMCにEOという考えを取り入れてみてください。

覚えておくべきZBLL

この記事と以下2記事はSpeedcubing Advent Calender 2015の2日目の記事として書かせていただきました。
F2Lの持ち替えを減らすためには
面倒なF2Lの回避方法
1日目の記事はしゅうさんの「本番に強い身体づくり」でした。

スクエア(2x2x1)やバー(1x1x3)の含まれる判断しやすいZBLLをまとめてみました。
この際に全部覚えちゃいましょう。

・T case
・・Square

TS1 y’ Rw U R’ U’ Rw’ F R F’ TS2 y R’ F’ Rw U R U’ Rw’ F
TS3 R U R D R’ U R Rw’ U2 Rw D’ R2 TS4 R2 F2 R U2 R U2 R’ F2 R U’ R’ U R
TS5 R’ U R U2 L’ R’ U R U’ L TS6 y2 R U’ R’ U2 L R U’ R’ U L’
TS7 R’ U2 R U’ R’ F R U R’ U’ R’ F’ R U’ R TS8 y R U2 R’ F2 R U2 R’ U2 R’ F2 R
TS9 y R U’ R2′ D’ Rw U2 Rw’ D R2 U’ R’ U’ R U’ R’ TS10 y R U R’ U R U R2′ D’ Rw U2 Rw’ D R2 U R’

・・Bar

TB1 y’ R U R’ U R U2 R’ L’ U’ L U’ L’ U2 L TB4 y2 R’ U’ R2 U R’ F’ R U R’ U’ R’ F R2 U’ R’ U’ R’ U R
TB2 y2 R U’ R’ U2 R U R’ U2 R U R’ U R U’ R’ TB3 R’ U R U2 R’ U’ R U2 R’ U’ R U’ R’ U R

・U case
・・Square

US1 R2 D’ R U2 R’ D R U2 R US2 y2 R2 D R’ U2 R D’ R’ U2 R’
US3 R2′ D’ Rw U2 Rw’ D R U2 R US4 y2 R2 D Rw’ U2 Rw D’ R’ U2 R’
US5 R’ Yperm R US6 y’ F Yperm F’
US7 x’ R2 D2 R’ U2 R D2 R’ U2 R’ x US8 y2 x R2 D2 R U2 R’ D2 R U2 R x’
US9 R U R’ U L’ U R U’ L R’ U’ R U’ R’ US10 y2 R’ U’ R U’ L U’ R’ U R L’ U R’ U R

・・Bar

UB1 y R U2 R’ U’ R U’ R’ L’ U2 L U L’ U L UB4 R U’ R’ U R U’ L U L’ U x’ U2 R U2 R2 x
UB2 y’ R’ U’ R U R’ U R U2 R’ U R U2 R’ U’ R UB3 y’ R U R’ U’ R U’ R’ U2 R U’ R’ U2 R U R’

・L case
・・Square

LS1 R’ U2 R’ D’ R U2 R’ D R2 LS2 y R U2 R D R’ U2 R D’ R2
LS3 R’ U2 R’ D’ r U2 r’ D R2 LS4 y R U2 R D r’ U2 r D’ R2
LS5 x’ R U’ R’ D R U R’ D’ x LS6 y2 R2 D Rw’ U2 Rw R’ U’ R D’ R’ U’ R’
LS7 Rw U R U’ L’ U R’ U’ LS8 y’ R’ U’ R U R’ F2 R U2 R’ U2 R’ F2 R2
LS9 y F R U R2 F R F’ R U’ R’ F’ LS10 y’ F R U’ R’ U’ R U R D R’ U’ R D’ R’ U2 R’ U’ F’
LS11 R U’ R’ L’ U2 L U L’ U L R U2 R’

・H case
・・Bar

HB1 x’ U’ R U’ R’ U R’ F2 R U’ R U R’ U x
HB2 y’ R U R’ U y’ R’ U R U’ R2 F R F’ R HB3 F U’ R2 U R U2 R’ U R2 U2 R’ U’ R F’

面倒なF2Lの回避方法

この記事と以下2記事はSpeedcubing Advent Calender 2015の2日目の記事として書かせていただきました。
F2Lの持ち替えを減らすためには
覚えておくべきZBLL
1日目の記事はしゅうさんの「本番に強い身体づくり」でした。

M1sample
このパターンのF2Lは手数が長いので何とか避けたいですよね。
なので僕はいくつかの場合においてこのパターンを意識的に回避させています。

・ペアケースの場合

RI1RI2
LI4LI1
LI2
U R U2 R’
LI3 U’ R’ F R F’

・桂馬ケースの場合

RT2RT1
LT1
R U’ R’ U’ R U’ R’
LT2 L’ R U R’ U’ L

このF2Lのケースは少ない動作でペアを作りやすいので、これらのケースを判断できたらできるだけ回避した方が得です。

F2Lの持ち替えを減らすためには

この記事と以下2記事はSpeedcubing Advent Calender 2015の2日目の記事として書かせていただきました。
面倒なF2Lの回避方法
覚えておくべきZBLL
1日目の記事はしゅうさんの「本番に強い身体づくり」でした。

F2Lで持ち替えが多いとタイムロスが多く生じてしまうためタイムが遅くなってしまいます。
持ち替えで生じるタイムロスはフィンガーショートカット(R U R’など)1回にも相当すると思われます。
なので今回は、持ち替えを減らすために考えるべきことを説明していきます。

1つのF2Lにおける持ち替え回数はそのペアのエッジのEOに依存しています。
ここでいうEOとはBLDやZZ methodでいうところのEOのことです。
EOなしの場合は持ち替えが発生せず,EOありの場合は持ち替えが1回発生します。

また、F2Lペアに使われる中層エッジはEOについて以下の特徴を持ちます。
・エッジが中層にある場合は、持ち替えてもそのエッジのEOは変わらない
・エッジが上層にある場合は、持ち替えるとそのエッジのEOが変わる。
・EOなしのエッジ同士は持ち替えなしでF2Lを回すことができる。
・R U L系の動きではEOは変わらない。

この特徴を頭に入れたうえで、あるF2Lを回すときに他のF2LエッジがなるべくEOなしの状態になるようにF2Lを回すと持ち替えをある程度少なくすることができます。
つまり、EOなしのエッジはそのままに保ち、EOありのエッジはなるべくEOをなしに変えるようにF2Lを回すというわけです。

例を見てみましょう。
スクランブル:L’ D2 R2 B2 L2 B L2 U2 B U2 L2 F R D U L U2 F D B2 F2
クロス:y’ D’ U R’ F D’ R’ D2

ここで目に入るのが青橙ペアと緑橙ペアですが、両エッジともEOしています。
また、青橙エッジは上層にあるので持ち替えるとEOなしになりますが、緑橙エッジは中層にあるので持ち替えてもEOはありのままです。
なのでこの場合はRUL系回転で2エッジを上層に持っていき持ち替えることで、持ち替えを1回で済ますことができます。
例えばこんな感じです。
解法:U R U’ R’ U’ R U’ R’ U y’ R’ U’ R U R U’ R’

次に目に入るのは緑赤ペアと赤黄ペアですが、これも先ほどと同様に両方EOしています。
なので両エッジを上層に持っていき持ち替えることでEOが解消できます。
解法:U’ L’ U’ L U’ y R’ U’ R L U2 L’ U L U’ L’

このように、EOを意識することで持ち替えを減らすことができます。
みなさんもぜひ意識してみましょう。

立体パズル入門

この記事はSpeedcubing Advent Calendar 2014の12/4の記事として作成しました。
Speedcubingとか言ってるのに全然スピードじゃない記事ですいません。

立体パズル専門店triboxには色々な立体パズルが売っていますよね。一般的な3×3のルービックキューブから、パーツ数の多い7×7・8×8、さらには難易度5(最高レベル)のパズルまで、立体パズルには色々な種類があります。これらのパズル、実は解き方はどれも似ています。今回はこういった立体パズルの解き方の方針・ヒントについて少し説明します。スピード競技にしか興味のない方にも興味を持っていただければ幸いです。

  

・1面を作ろう
まずはともあれ1面を作りましょう。ルービックキューブを最初に触った時も1面完成から始めたはずです。
ここで、1つ注意。1面といっても不完全一面ではなくできれば完全一面を作るようにしてください。ルービックキューブのような立体パズルは面合わせではなく位置合わせのパズルなので、パーツを正位置に揃えることを意識してください。

・ブロックをくっつけよう
1面を作ったら次はどうするか。2面3面と作っていっても構いませんが、作った1面に接するパーツから揃えていくのがおすすめです。なぜなら、揃っている塊と揃っていない塊を分けると、揃っていないパーツ”のみ”を動かしやすいからです。
例えば3×3のLBL解法は下から順にブロックを作っていますよね。F2Lが終わった時、U面は揃っていないパーツのみ、下2層は揃っているパーツのみになっています。このときU面はどれだけ回しても揃っている下2層を崩しませんよね。手順って基本的には近くのパーツにしか影響せず遠くのパーツには全く影響しないものなので、揃えたパーツの近くから揃えるようにしましょう。あと、ブロックを作った方がパッと見揃ってきてる感じがして気分的にも良いです。

・揃えやすいパーツ、揃えにくいパーツを見分けよう
1面完成すら難しいようなパズルもあります。そもそもどこから手を付ければいいかわからないというものも。そんな時は、揃えやすそうなパーツから揃えていくと良いです。例えば多分割キューブのスピード解法はセンターパーツを先に解くのが主流ですが、センターパーツは他のエッジパーツやコーナーパーツよりも動きにくく扱いやすいため先に揃えられているのだと思われます。

・パーツごとに揃えてみよう
上記の考え方の発展ですが、難しいパズルはよくパーツごとに解いていくことが多いです。3×3でいうところの「先にコーナーを全部揃える→コーナーを崩さないようにエッジを揃える」という感じです。
このときもちろん揃えやすいパーツから始めましょう。最初のパーツを揃えるときは、他種類のパーツはどんなに崩れても構わないので、初期段階は圧倒的に楽になると思います。ただ、2種類目以降のパーツは3点交換などを駆使して解かなければならないので少々難しいですね。しかし、実は立体パズルのパーツ交換手順は思った以上に簡単に作り出すことができるのです!その説明は次の項目で。

・手順の見つけ方
・・コミュテーターで手順を見つける
スピードキューブをやっている人なら、ルービックキューブには2点交換はあり得ないが3点交換はあり得るということを感覚的に知っていると思います。実は、任意のパーツを3点交換できる理論があります。それがコミュテーターです。コミュテーターの詳しい解説は以下で説明されています。解説されているのは3×3についてですが、この理論は他の立体パズルにも適用することができます。ただし、パズルによってはコミュテーターによって他パーツまで動いてしまうこともあるので注意が必要です。
http://trcc.sub.jp/solution/commutator.html
https://www.youtube.com/watch?v=-qurNAOh_xA

・・周期で手順を見つける
3×3で(R U’)を63回回すと元に戻ります。また、(R2 U2)を3回回すとエッジが4つ交換されます。このように、短い動きを繰り返していくと少ないパーツの交換が見つかることがあったりします。

・・手順を組み合わせてより少ないパーツ交換手順を作る
コミュテーターや周期で手順を見つけても、パーツを5,6個も動かしてしまう手順しか見つからないときがあります。そんなときは手順を入れ子にすると、より少ないパーツ交換手順が見つかることがあります。
例えばパーツが5個動く手順をA、その動く5パーツとの共有部分を1パーツだけ持つ手順をBとしたとき、A→B→Aの逆手順→Bの逆手順、と回せば3点交換が生まれることは、コミュテーターを理解している方ならおわかりでしょう。

・パリティ(3点交換では解けない状態)について
3点交換で解いていくと、時々最後に謎の2点交換が現れることがあります。2点交換はあり得ないはずなのに、なんでこんな状態になっちゃうんだ!と思うかもしれません。これはパリティといって、3点交換で解ける状態から何かがずれているのでこんな変な状態になっているのです。4×4でいうところのOLLパリティですね。
このパリティを直す方法ですが、実は特別な1手を回すだけでパリティが解消されるケースが多いです。なぜパリティが起こってしまうのか、をじっくり考えるとおのずとパリティ解消の方法も浮かんできます。頑張りましょう。

  

いかがだったでしょうか。
まあ正直最後の方は難しくなってしまった感は否めないですが、方針としてはどれもこんな感じです。ルービックキューブが自力でできなくても解法を見ればできるようになるように、立体パズルも方針さえつかめば思ったほど難しくはありません。また、立体パズルを攻略できた後は、自作解法で早解きをしてみたりきれいな模様を作ってみる楽しみも生まれます。スピードキューバーの方々もこれを機に立体パズルに手を出してみると、ルービックキューブの新たな楽しみが生まれ、より深くルービックキューブを知ることができるでしょう。
  

あなたも立体パズルに挑戦してみませんか?

Cubing Worldの紹介

Cubing Worldとは、トップキューバーたちが色々な解説動画を定期的に投稿するYouTubeチャンネルのことです。
サイトはココ→Cubing World
運営者はBLDが速いことで有名なNoah Arthursです。
投稿するキューバーを定期的に変えており、現在のメンバーは
Antoine Cantin(得意競技:OH)
DarioRubik(得意競技:3)
Collinbxyz(得意競技:3)
Drew Brads(得意競技:ピラミンクス)
Erik Johnson(得意競技:3)
Kit Clement(得意競技:クロック)
Kevin Costello III(得意競技:4)
NoahCubes(得意競技:BLD)
Nathan Dwyer(得意競技:スクエア1)
Oliver Frost(得意競技:多分割BLD)
SirWaffle(得意競技:5)
です。

個々の動画はどれもためになるものばかりですが、多すぎて紹介しきれないので、シリーズ化されている動画群を紹介します。

・How to Get Fastシリーズ
このシリーズは、競技ごとにトップキューバーが競技の紹介や解法の説明、練習方法などを端的にまとめた動画です。
例えば
3×3は単発6.15を出したAndrew Ricci、
4×4は平均世界3位のKevin Costello Ⅲ、
5×5は単発の元世界記録保持者のChristpher de Asis、
といったそうそうたるメンバーが投稿しています。
新しい競技を始めたいときは、まずこのシリーズを見てみるとよいでしょう。

・Guest Sunday
このシリーズは、毎週日曜日にCubing Worldのメンバーでない人が何かしらの動画を投稿するという企画です。
このシリーズの中ではこの動画が面白いです。
Twelve Cubers, One Scramble
12人のトップキューバーが同じスクランブルを解いていく、といったもので、FeliksやMatsなども出ています。

・Q&A Saturday
このシリーズは、メンバーの1人に対しての質問をあらかじめ視聴者から募集し、それに対して本人が1つ1つ答えていく動画です。
あまり見たことが無いので詳細は分かりません。

今の最新のキューブ情報はCubing Worldに集結しているといっても過言ではありません。
是非参考にしてください。

OLS(OLL Last Slot, forced OLL skip)について

Last Slot手順(LS手順)とは、最後のF2Lを工夫して入れることでLL時のエッジ反転を消したりOLLをスキップさせたりする手順です。
その中でも、トップキューバーの一部が最近使いだしたものとしてOLSというLS手順があります。
これは、最後のF2Lが基本形(ペアか桂馬)である状態の時に、コーナーやエッジの反転具合で判断して専用手順を使いOLLをスキップさせるものです。
Mats Valkが使っていることで有名になりましたね。
Feliksも3平均WRを出した時に使っていました。

OLSが死ぬほど載ってるサイト:
http://rowe.cubing.net/rls/
https://www.youtube.com/channel/UCOvpCbHRg9NSQce3is8MGNw/videos

OLSの利点は、OLLを作為的にキャンセルすることで手数を減らせるところです。
F2Lがペアの形の場合、U R U’ R’でスロットに入りますが、そのあとにR U R’で始まるOLLを使うならば、キャンセルが起こるはずです。
式で表すと、
U R U’ R’ + OLL = (U R U’ R’ + R U R’ +) OLS = OLS
って感じです。

Winter Variation(F2LL)もOLSの一種ですね。
WV = EOが揃ってる時のOLS、ってことです。

ちなみにFeliksが実践で使ったOLSは「F’ U F R U’ R’」です。

OLSの実戦での使用を試みていますが、U面の形だけでは判断できないものがとても多いのが難点です。
U面は同じ形でも4パターンくらいOLSがあるものがザラです。
なので、U面だけで判断できるものと、U面とコーナー反転1つを見ればよいものを学んでます。

1つ例を紹介します。
U面が同じ形でOLSが2パターンあるものとして、
「y’ U2 R2 F R F’ R」
「y F’ Rw U2 R’ U R U2 Rw’」
があります。
反転したコーナーが2か所あるので、どっちかを見て判断します。

ちなみにOLSは全部で432手順あります。
全部覚えるよりは、判断のしやすいもの、手数の少ないものだけを覚えていった方がよさそうです。