Skip to content

スクエア1の成形一覧 part8 6手成形以上

スクエア成形記事一覧
スクエア1の成形一覧 part1 3手成形まで
スクエア1の成形一覧 part2 5-1 – paired edges系
スクエア1の成形一覧 part3 scallop-kite系
スクエア1の成形一覧 part4 scallop-scallop系
スクエア1の成形一覧 part5 shield-shield系
スクエア1の成形一覧 part6 shield-square系
スクエア1の成形一覧 part7 right pawn-left pawn系
スクエア1の成形一覧 part8 6手成形以上


今回は6手以上かかる成形をまとめて紹介します。

・scallop-kite

まずは3手でscallop-kiteに持ち込む成形です。

kite – fist /0,-2/-1,0/0,2

fistの繋がった2コーナーを3コーナーにして左端に寄せ、4-1-1を1ずらすだけです。

・scallop-scallop

次は3手でscallop-scallopに持ち込む成形です。

fist- barrel /0,-2/-1,0/0,2

fistのコーナーのうち両側にエッジが1つずつあるコーナーとbarrelの2コーナーをくっつけて左端に逃がし、4-2を1ずらすだけです。
kite-fistの手順とよく似てますね。(というか全く同じ)
6手成形にはこのような、3コーナー作って寄せて1ずらすといった手順が多いです。

・shield-shield

次は3手でshield-shieldに持ち込む成形です。

barrel – square /2,2/0,-1/2,2
kite – mushroom /3,-2/0,2/0,-2

barrel-squareは3コーナーを2つ同時に作ってstarを作ります。
kite-mushroomは1手でbarrel-shieldに持っていくと覚えましょう。

・shield-square

次は3手でshield-squareに持ち込む成形です。

right fist – right fist /2,0/-2,0/2,0
parallel edges – 2-2-2 /0,-3/-2,0/2,0
mushroom – barrel /2,-3/-2,0/2,0
fist – square /-2,0/0,1/2,0
mushroom – fist /-2,3/0,1/2,0

最初の3つはいずれも1手でshield-kiteに持ち込むパターンです。
right fist-right fistは簡単なright fist-left fistとの見分けに注意!
fist-squareはfistの2コーナーとsquareのコーナーをくっつけて3コーナーにして左端へ逃がし、3-2-1を1ずらすといった、上記で説明したようなおなじみの手順です。
mushroom-fistは僕の最も嫌いな成形です。
fistの隣り合った2コーナーのうち隣にエッジが1つしかないコーナーとmushroomの2コーナーをくっつけて左端に逃がし、もう片方の面を先ほど逃がした回転と同じ向きに3ずらし、できた3-2-1を1ずらします。
mushroomの2コーナーは2つありますが、スラッシュしたときもう片方の面がkiteになるような2コーナーを選んでください。

・right fist-left fist

次は3手でright fist-left fistに持ち込む成形です。

2-2-2- perpendicular edges /3,0/-1,0/0,2

2genで回しやすいですね。(小並感)

・7手成形

ついに最後です。
最後は7手成形を紹介します。

kite- square /-1,0/2,0/-2,0/2,0/-1,0/-3,0/

7手成形はこれ1つしかありません。
上面を行って戻って行って戻って回すだけなので、簡単に覚えられますね。


これで全成形手順を全部紹介し終わりました!
ミラー手順や上下反転手順は紹介していないため、自分で応用するか他の成形手順サイトを確認してください。

最後まで読んでくださって本当にありがとうございました。
ここまで真剣に読んでくださった方なら、もう成形のコツをつかんでいることでしょう。

Advertisements

スクエア1の成形一覧 part7 right pawn-left pawn系

スクエア成形記事一覧
スクエア1の成形一覧 part1 3手成形まで
スクエア1の成形一覧 part2 5-1 – paired edges系
スクエア1の成形一覧 part3 scallop-kite系
スクエア1の成形一覧 part4 scallop-scallop系
スクエア1の成形一覧 part5 shield-shield系
スクエア1の成形一覧 part6 shield-square系
スクエア1の成形一覧 part7 right pawn-left pawn系
スクエア1の成形一覧 part8 6手成形以上


今回はright pawn-left pawnに持ち込める成形を紹介します。

・1スラッシュ

まずは1スラッシュで持ち込める成形です。

4-1-1 – paired edges /0,4
3-3 – perpendicular edges /0,2
6-2 – star /2,4

paired edgesはいつものように2エッジを右下へ。
3-3 – perpendicular edgesは3-3の2コーナーを3コーナーにするようにスラッシュしましょう。
6-2 – starはもちろん線対称の位置でスラッシュ。

・2スラッシュ

次は2スラッシュで持ち込める成形です。

fist- shield /-1,0/0,2
right fist – right pawn /-2,0/0,2

fist- shieldはとりあえずshieldの先端を使って3-3を作りましょう。
right fist – right pawnはright fist – left pawnとの見分けに注意!
right fist – right pawnも3-3作って2ずらすだけです。

スクエア1の成形一覧 part6 shield-square系

スクエア成形記事一覧
スクエア1の成形一覧 part1 3手成形まで
スクエア1の成形一覧 part2 5-1 – paired edges系
スクエア1の成形一覧 part3 scallop-kite系
スクエア1の成形一覧 part4 scallop-scallop系
スクエア1の成形一覧 part5 shield-shield系
スクエア1の成形一覧 part6 shield-square系
スクエア1の成形一覧 part7 right pawn-left pawn系
スクエア1の成形一覧 part8 6手成形以上


今回はshield-squareに持ち込める成形を紹介します。

・1スラッシュ

まずは1スラッシュで持ち込める成形です。

perpendicular edges – 3-2-1 /2,0
right pawn – left fist /0,1

3-2-1にあるshieldの先端をperpendicular edgesの3コーナーにくっつけるだけです。
間違えたくっつけ方だとshield – kiteになるので注意!
right pawn – left fistはright pawn – right fistとの判断が相当難しいです。
僕の判断としては、shieldを作った時にもう片方の面がsquareになるかkiteになるか、で判断をしています。(もっといい判断方法がある気がするが・・・)

・2スラッシュ

次は2スラッシュで持ち込める成形です。

shield – kite /-2,0/2,0
pawn – kite /0,1/2,0

shield – kiteは途中で出てくるperpendicular edgesをコーナー1つ分回す。
pawn – kiteはスラッシュでshieldの先端を作り、1ずらして上面に持っていく、といった風に覚えましょう。

スクエア1の成形一覧 part5 shield-shield系

スクエア成形記事一覧
スクエア1の成形一覧 part1 3手成形まで
スクエア1の成形一覧 part2 5-1 – paired edges系
スクエア1の成形一覧 part3 scallop-kite系
スクエア1の成形一覧 part4 scallop-scallop系
スクエア1の成形一覧 part5 shield-shield系
スクエア1の成形一覧 part6 shield-square系
スクエア1の成形一覧 part7 right pawn-left pawn系
スクエア1の成形一覧 part8 6手成形以上


今回はshield-shieldに持ち込める成形を紹介します。

・1スラッシュ

まずは1スラッシュで持ち込める成形です。

scallop – barrel /4,0
2-2-2 – paired edges /0,2
4-4 – star /-2-2

scallop – barrelと4-4 – starは線対称の位置でスラッシュ。
2-2-2 – paired edgesのpaired edgesはいつもと同じく2エッジを右下に置く。

・2スラッシュ

次は2スラッシュで持ち込める成形です。

barrel – shield /0,2/0,-2
right pawn – right pawn /1,0/-2-2

barrel – shieldはほぼ2genなので回しやすいですね。
right pawn – right pawnはright pawn – left pawnとの見分けが難しいですが、僕は3コーナーを下にしたとき上半分のコーナーが右にあるか左にあるかで判断しています。成形手順はstarを作れば後はわかるでしょう。

スクエア1の成形一覧 part4 scallop-scallop系

スクエア成形記事一覧
スクエア1の成形一覧 part1 3手成形まで
スクエア1の成形一覧 part2 5-1 – paired edges系
スクエア1の成形一覧 part3 scallop-kite系
スクエア1の成形一覧 part4 scallop-scallop系
スクエア1の成形一覧 part5 shield-shield系
スクエア1の成形一覧 part6 shield-square系
スクエア1の成形一覧 part7 right pawn-left pawn系
スクエア1の成形一覧 part8 6手成形以上


今回はscallop-scallopに持ち込める成形を紹介します。

・1スラッシュ

まずは1スラッシュで持ち込める成形です。

4-2 – paired edges /0,2
6 – paired edges /0,4
8 – star /3,4

基本的にpaired edgesの向きは上図の位置にセットすることがほとんどです。なので、paired edgesが来たらとりあえずこの位置にセットするとよいでしょう。

・2スラッシュ

次は2スラッシュで持ち込める成形です。

3-3 – parallel edges /-1,2/2,0
3-2-1 – parallel edges /5,-2/0,2
mushroom – pawn /-1,0/0,2
shield – scallop /0,-2/0,2

UD面共に回す必要のある難しい成形ばかりですね。
parallel edgesの3コーナーは常に左端に置く、paired edgesが出てきたら真っ先に2エッジを右下に置く(例外あり)、などを心がけるとよいでしょう。

スクエア1の成形一覧 part3 scallop-kite系

スクエア成形記事一覧
スクエア1の成形一覧 part1 3手成形まで
スクエア1の成形一覧 part2 5-1 – paired edges系
スクエア1の成形一覧 part3 scallop-kite系
スクエア1の成形一覧 part4 scallop-scallop系
スクエア1の成形一覧 part5 shield-shield系
スクエア1の成形一覧 part6 shield-square系
スクエア1の成形一覧 part7 right pawn-left pawn系
スクエア1の成形一覧 part8 6手成形以上


今回はscallop-kiteに持ち込める成形を紹介します。

・1スラッシュ

まずは1スラッシュで持ち込める成形です。

4-1-1 – perpendicular edges /0,2
5-1 – perpendicular edges /0,4
4-2 – parallel edges /3,4
shield – mushroom /3,0

上2つの成形はどちらもkiteの右半分と左半分をくっつけることでscallop-kiteにしています。
特に4-1-1 – perpendicular edgesはscallopを間違った位置で作るとscallop-squareになってしまうので、kiteを作ることを優先しましょう。
4-2 – parallel edgesは6,0/すると5-1 – paired edgesになるのですが、そうしてしまうと手数が1手多くなってしまうのでこの成形手順を覚えましょう。
shield – mushroomはscallopを作るようにスラッシュすると自動的にもう片方の面もkiteになってくれます。

・2スラッシュ

次は2スラッシュで持ち込める成形です。

square – scallop /2,0/0,2
square – pawn /-1,0/0,2
5-1 – parallel edges /-3,0/0,-4
4-1-1 – parallel edges /3,-2/0,4

3つともとりあえず3コーナーを左端に寄せます。
そしてsquare-scallopは4-1-1をコーナー1つ分だけずらす、square-pawnは4-1-1をエッジ1つ分だけずらします。
5-1 – parallel edgesと4-1-1 – parallel edgesは、1スラッシュでkiteの左半分を上面に作り左端に寄せます。
そして4-1-1 – parallel edgesは下面も2ずらしてscallop-kiteを作るのです。

スクエア1の成形一覧 part1 3手成形まで

スクエア成形記事一覧
スクエア1の成形一覧 part1 3手成形まで
スクエア1の成形一覧 part2 5-1 – paired edges系
スクエア1の成形一覧 part3 scallop-kite系
スクエア1の成形一覧 part4 scallop-scallop系
スクエア1の成形一覧 part5 shield-shield系
スクエア1の成形一覧 part6 shield-square系
スクエア1の成形一覧 part7 right pawn-left pawn系
スクエア1の成形一覧 part8 6手成形以上


今回は3手成形までの成形を紹介します。
成形においてとてもよく出てくるものばかりなので、考えずとも回せるレベルまでもっていきましょう。

・注意
以下の画像は全てスクエア1を上から見た時の形になっています。下から見た形ではないので注意してください。

・1,2手成形

まずは1手成形と2手成形です。

kite-kite /
barrel-barrel /3,3/
right fist-left fist /3,0/

kite-kiteは線対称の位置、barrel-barrelは縦-横の配置でスラッシュしましょう。
right fist-left fistはわかりにくいですが、kiteの上部分と下部分をくっつける、と覚えましょう。
right fist-right fistと間違えないように!

・3手成形

次に3手成形です。よく出てくる順に上から並べました。

scallop-kite /-2,-1/-3,0/-1,1
scallop-scallop /1,2/-3,-3/
shield-shield /1,0/-3,-3/
shield-square /-1,0/-3,0/
right pawn-left pawn /1,-4/0,3/-1,1
barrel-kite /-3,0/-3,0/
mushroom-square /2,0/3,0/
mushroom-mushroom /-2,0/3,3/

scallop-kite、scallop-scallop、barrel-kiteは線対称の位置でスラッシュ。
mushroom-mushroomは1,0ずらしてスラッシュ。
shield-square、barrel-kite、mushroom-squareは2genなので回しやすいですね。
一番上のscallop-kiteは本当によく出てきます。全成形の1/3ほどがこの成形を経由すると言えばこの成形の重要性がわかるでしょう。
逆にmushroom系はほとんど出てきません。なので、覚えるのは後回しでも良いかもしれません。